スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール

2009年02月28日 00:51

【2013年春 更新】

ハガタイチ
1979年生まれ

岩手県大槌町吉里吉里出身
2002-2012 岩手県在住・製造メーカー勤務・技術職
2012/05- 香港の関連会社へ出向・海外赴任中




幼少期より手を動かすことが好きで、折り紙や工作を得意とする少年だった。また、宇宙や恐竜、雲や波・雷などの自然現象への興味もあり、気象学者・科学者になるのが夢でもあった。一方で、絵画や音楽を楽しむ事ができる大人になってほしいとの両親の思いもあって、6歳時よりピアノを習う。

しかしピアノは女の子がやるもの、という先入観が抜けず普段の練習はあまり熱心ではなかった。中学の合唱コンクールの伴奏を勤めたときは、恥ずかしい気持ちがあったことを覚えている。(今思えばもったいない事をした!)音楽そのものは、クラシック音楽(ビバルディの四季やドボルザーク、モーツァルト等)を好んで聴いていた。

中学では卓球部に所属。それとボーイスカウト活動が盛んな土地柄で地域の人々も協力的だったこともあり、キャンプを自分たちで企画したりしたことは楽しい思い出。砂浜での設営や少し山の中に入ったところのキャンプ場でよくキャンプをして楽しんだ。音楽はJpopをよく聴いた。(サザン、ミスチル、チャゲアス等の王道90年代Jpop。)



県立釜石南高校入学、吹奏楽部に入部。新入生歓迎演奏での先輩のドラム演奏にビビッと来て、直感でパーカッションパートへ。以後どっぷりと部活中心の生活を送る。平日はもちろんのこと、土日にもほとんど練習が入っていた。スネアドラム、バスドラム、鍵盤楽器のシロフォン、マリンバといった様々な楽器をまんべんなく練習する方針だったためドラムそのものに触れる時間は限られていたが、元々クラシック音楽も好きだったこともあり、ティンパニーやシンバルなど様々な打楽器演奏の魅力、そして吹奏楽そのものの魅力も存分に味わう事ができた高校3年間だったと思う。
(それでも時折ポップスを演奏する機会ははりきってやっていたし、部内の男子生徒の気の合う仲間と作ったロックバンドで文化祭で演奏したのは懐かしい思い出。Mr.BigやVan Halenをカバー。)




高校卒業後、明治大学(理工学部)に入学。
新入生歓迎演奏で、JAZZ Bigbandという音楽形態があることを知る。Jazzといえば静かで渋い印象しか持っていなかったが、まったくもってそんなことはなく、特にBigBandではドラムが花形で非常に目立つ重要なポジションであることを知って、ますますBigBandドラムに熱中していった。特にCountBasieバンドは憧れの存在であり、SonnyPainやButchMilesの演奏をお手本に練習した。また、海外有名ミュージシャンの演奏を追いかけてよくBlueNoteTokyoにも通った。(もちろん学割を使って。)
大学3年次よりBig Sounds Society Orch.のレギュラーとして様々なコンテスト出演・大学同士のジョイントライブ・そしてアメリカ演奏旅行など数えきれない印象的なステージを踏み、このときたくさんの先輩や信頼できる仲間達から教わったことは一生の宝物である。




大学卒業後、故郷岩手のメーカーに就職
以降、仕事の傍ら、音楽を始めとして様々に活動の場を広げながら過ごす。2005年に結婚、2012年現在3人の子供の父親。2010年、雫石町の山村地帯に建てた家で、自然に囲まれながら家族5人仲良く暮らす。特にここ数年、しばしば活動の場を外に広げすぎてしまう(おちゃめな?)一面があり、家にいる時間が少なくなる事に対し家族からのクレームが入る事もある。(自覚しています・・)今後は音楽をはじめとした個人的な活動と家庭との両立がもっぱらの課題でもある・苦笑)




2012年5月、香港の関連会社への出向。一時的に日本を離れる決意をする。
家族全員で移り住み、現在は香港在住。
香港の生活を家族みんなで楽しんでいます。







個人プロジェクト
●Drums,Percussion
学生時代より演奏活動を開始、現在もDrumer/Percussionistとして活動継続中

DSC03509.jpg




明治大学BigSoundsSocietyOrchstra出身

主な活動履歴

・2000/08 山野Big Band Jazz Contest 最優秀賞
・2001/08 山野Big Band Jazz Contest 最優秀賞


・2001/03 アメリカ演奏旅行にて短期渡米
(この演奏旅行の様子は引率してくださったワールド・プロジェクト・ジャパン黒坂さんの記事「ベイシーへの愛」に詳しくまとめられています。)

・2002-  岩手県を中心に活動開始
・2003/08 ひょっこりJAZZ祭@岩手県大槌町(リンクには震災前の大槌の美しい写真も掲載されています)
・2003-2004 JazzBigband 小野組 Live@赤坂B♭/吉祥寺スターパインズカフェ等

その後盛岡のMusicianとのセッション、サポート、共演を通じてたくさんの音楽仲間ができていく。志の高い仲間に恵まれ、研鑽しながら音楽活動を続けることができていることは幸せなことだと思っています。

活動の中心はFunk、Jazz等黒人音楽をルーツとしたオリジナル音楽を制作し、東北・岩手・盛岡を中心にLiveを行うSaturday Player Meeting
myspace
(視聴できます)
Facebookページ/Saturday Player Meeting

・2010 1st Album リリース
・2012 2nd Album リリース(DiscNoteMoriokaさんのBlog記事をリンクさせていただきます)

2ndアルバムからFlying Mojoが世界的DJ松浦俊夫氏のラジオ番組で取り上げられるなど反響を呼び、iTunes,TowerRecord等全国チェーンのCDショップへの展開が実現。






演奏Youtube
@あっぱくバンド




その他
・2009/02 世界的パーカッショニスト、ヤヒロトモヒロ氏の演奏に感銘を受け、氏もひょうたんに強い思い入れがあったことから意気投合し、ひょうたんを通じた交流がスタート。盛岡でPercussion Workshopを企画し、イベントを主催。

ジャンベ、カホンなど民俗楽器の奏法からBeat、Grooveに関するお話まで、印象深いイベントになりました。初めて自ら企画・集客したイベントということでとても良い経験をさせてもらいました。







●ひょうたんArt Project
2005年 大槌町の旧友・岡本君におもしろいからと勧められ、その話に乗って栽培してみたところその魅力にはまっていくことに。

春〜夏は朝早く起きて栽培のお世話をして、秋に収穫・乾燥させて仕上げる。それから出来上がったひょうたんを用いて作品製作を行う。家族の寝静まった夜にひょうたんランプ、ひょうたんスピーカーの製作に没頭するのが何とも言えない楽しみの時間の一つになっている。

・2008/10 ひょうたんらんぷ展@町屋・御休み処(盛岡市鉈屋町)
・2008/11 アートイベント・おひさまArt森猫 出展
・2008/12 盛岡市地方情報誌「マ・シェリ」取材&710号掲載 愛嬌たっぷり ひょうたんランプ
・2010/10 花巻市の「自然素材の衣料+雑貨の店 BaanGaja」さんアニバーサリーフェス出展 
・2012/05 ひょうたんらんぷ展@Cafe & Bar APE(大槌町吉里吉里)「三陸経済新聞」取材記事

常設展示場所
・2010/01 JAZZY SPORT様 カスタムひょうたんランプ提供
・2011/12 Cafe & Bar APE様 カスタムひょうたんランプ提供 ラーメンショップ兎
・2012/04 カレー工房チャルテン様 ひょうたんスピーカー提供
・2012/05 住工房・森の音様 モデルハウス・エコビレッジ ひょうたんランプ提供


DSC05971 (1)



DSC04133 (1)



DSC04127 (1)






●DIY Project
カホン(Cajon)のDIY、自作Percussion、本棚やデッキといったいわゆる日曜大工を得意とするDIYer
自作カホンの作り方をまとめた記事「清く正しいカホンの作り方」はキーワード検索(カホン 作り方 等)からこのBlogを訪れてくださる方もかなり多く、おかげさまで最も人気のあるコンテンツになっています。

・2004- カホンDIY製作開始
・2008/10 盛岡パーカッションアンサンブル様 カホン5台提供(演奏にも参加)



薪ストーブをこよなく愛しています。
当然薪割りもします。

家は住工房 森の音さんで建ててもらいました。
とてもすばらしい工務店さんで、皆さん素敵な方達です。社長が手がけた家に名前というか、タイトルを付けてくれます。我が家は「空音の家」という名前をもらいました。






●Photo Project
岩手の自然、主に雫石町・大槌町の風景に被写体を求める。香港に居住地を移してからは香港ならではの光景を追って撮影活動を継続中。

静止画に留まらず、動画/微速度撮影(タイムラプス)/コンポジット撮影/ステディカムの自作等、写真を軸に興味の対象は今も拡大中です。

写真撮影に向かう気持ち、考え、機材やテクニックに関する考察を綴ったコラムはこちら。
写真撮影考 カテゴリー


宙玉レンズという特殊なレンズを用いた作品製作にも注力。
宙玉レンズをSonyNEXにかっこよくつける方法」という記事をはじめ、宙玉写真をより良く撮影するためのTipsも公開中。


使用機材:
Sony NEX-5
Sony NEX-6
宙玉レンズ
Software:iMac+Aperture


宙玉写真ギャラリー
岩手Nature Photo
香港Snap



・2012/03 宙玉写真展@ショッピングセンターPAL(北上市)
・2012/04 CDジャケット写真提供 マンドリンシンガー・清心さん


DSC01647_2 - バージョン 2




DSC06755.jpg









●3.11 岩手県大槌町吉里吉里からの発信
家族・親族の安否確認のため3.11の2日後より一時帰省、地元の惨状に衝撃を受け、復旧活動の手伝いを行う。
被害のなかった自宅(内陸・雫石町)と往復できる環境を活かし、TV・ラジオでは伝えきれない細かい地元情報を遠く離れた出身者へ提供できるのではないか、との思いからBlog執筆、Twitter/Facebookでの発信を行う。

3.11津波被災地のリアル・岩手県大槌町吉里吉里レポート まとめ記事

2Fより吉里吉里



野球少年たち



以後、がれきとなった木材を集めて釘抜き・薪割りをして販売する活動、「復活の薪プロジェクト」から生まれた森林再生のためのNPO団体、「NPO吉里吉里国」へも参画。






・2011/06-12 上海在住の日本人向け月刊誌 City Brossに連載


香港在住の現在も何か関わりを持てないかと、模索中です。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaahaa.blog26.fc2.com/tb.php/14-644a25e1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。