スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波被災地のリアル・・・岩手県大槌町吉里吉里レポート・はまゆり解体について思う

2011年05月19日 23:24

5/10、大槌町赤浜地区の民宿の屋根に絶妙な形で乗っかっていた観光船「はまゆり」がクレーンで地上に降ろされた。これから本格的に解体になるという。

屋根上の観光船をクレーンでつり下ろし 6月めどに解体

はまゆりパノラマ3



赤浜地区は吉里吉里と山一つ隔てたところにある、お隣の集落。吉里吉里からは、旧道の峠道(吉里吉里坂)を通って行くと車で5分くらいの距離にある。

GW中は、吉里吉里でもはまゆりの解体について話題になっていた。既に決まった解体の流れに対して、「見できたがぁ~?ありゃすげぇっけぞぉー」「降ろされる前に見だ方がいいぞぉ」という声。残すべきか、それとも撤去すべきか・・・。なんとか残せないものかねぇ、いや、残さねばなんね、というチョット熱い議論。(←復興論とでもいいましょうか。ちょっとした立ち話でも、ことあるごとにビジョンを語り合うことが多いんです、吉里吉里のひたず(人たち)は。^^;) 津波で破壊された景色を見慣れているはずの吉里吉里の人にとってもあのはまゆりは特別なようで、改めて今回の津波を象徴するものなんだなあと思った。

確かに赤浜地区の住民の方々にしてみれば、「あんなもの残されると思い出してつらいだけ」、という感情があることは確かだと思うし理解できるのだけれど、津波から2ヶ月たっており、考えが変わってきている人も出てきている中での解体決行の知らせに、やるせない思いを抱いた。

船を所有する釜石市と、整備工場のあった大槌町。有識者からの保存を求める署名もあり、一時は保存に傾いたかに見えたが、最後は周辺の住民感情への配慮と安全性の確保を優先しての決定だったとされる。




屋根から降ろされてしまった今となってはもう間に合わないのかもしれませんが、保存に関する意見として、とても賛同できるツイートがあったので紹介させていただきます。

大船渡の復興の様子をまとめられているブログ、がんばろう大船渡の記事の中から引用させていただきます。


”世界中に衝撃を与えた大槌町の観光船 傾きつつあるようだが解体は再考してほしい。なんとか保全すれば未来の世界遺産となって三陸を救うことは間違いないだろうに”

”「はまゆり」の解体は、世界遺産・原爆ドームを壊すようなもの。何の説明がなくても津波の脅威を衝撃的に語る痕跡は「はまゆり」にとどまらないだろう。つらいだろうが、子孫のために、三陸全体で計画的に調査・保全してほしい。ほっておけばすべて復旧されてしまい、いずれ防災意識は風化する”

@usa_hakase

静岡大学防災総合センター教授で地震の研究者でいらっしゃる小山真人氏はツイッターでこのようにのべ、はまゆりの保存を求めていた。

静岡大学防災総合センター静岡大学教育学部総合科学教室のサイト



確かに遠い未来に思いをめぐらせて想像してみると、いくら津波を目撃した人が津波の恐ろしさを語ろうとも、見たこともない人にとっては何も響かない、ということになるかもしれない。

そんな時に、ただそこにあるというだけで津波のすごさを有無を言わせず見た人に印象付けられる存在というのは、本当に貴重なのではないだろうか?

結果的に、いずれ来るであろう次の大津波の時に、多くの命を救うことになるかもしれないのだから・・・。


全てのガレキがきれいに片付いて元通りになると、やがて記憶も薄れていき、津波のことも忘れ去られていくのだろう。そうさせないための何かを、残しておくことはとても大事なことだと思う。結果としてはまゆりは解体が決まってしまったけれど、津波の痕跡を後世に伝えるための何かを保存するという視点だけは忘れずに新しい街作りをしていって欲しいと思う。


この記事には、阪神大震災や雲仙普賢岳噴火の際の遺構保存の取り組み例が載っています。

巨大津波災害遺構を保存して後世に伝えよう




屋根を降ろされる前のはまゆり。
大槌の街の方面から車を走らせてきて、防潮堤の水門をくぐったその瞬間に真っ先に目に飛び込んでくる巨大な船体はかなりのインパクトがあった。間近で見ると本当に大きく、この場所にひょこっと落ち着いたのは奇跡としか言いようがない。今回の津波を象徴する遺構であったことは確かだ。

はまゆり

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaahaa.blog26.fc2.com/tb.php/104-7f43e115
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。